行わなければいけない時代

我が家では、まだまだ井戸水を生活水として使用していますが、

カルキなどの塩素や水に含まれる有害な物質の事を考えるとそろそろウォーターサーバーを購入して、

飲料や食事など身体に入れる水の事を真剣に考える必要が出てきたかなと思っています。
一昔前までは、水をお金を出して買うなど考えられませんでした。

田舎なので、カルキ処理などあまり行わずとも綺麗で美味しい水を毎日普通に飲む事が出来たからです。

しかし、今現在綺麗な水を飲むには、何らかの処理を行わなければいけない時代になってしまいましたね・・

そうは言っても、ウォーターサーバーの普及率というのは、まだまだ低いですが、

公共の施設などで見かけて、利用してみたらとても水がまろやかで美味しいのに驚きました。

私もウォーターサーバーについて調べてみたら、意外と手頃な料金で利用できる事がわかりました。

サーバーレンタルなども無料で行っている所もあるし、お試し設置期間などを設けている所もあって、良心的なんだと感じました。

子供達の身体に入れる水は、やはり健康に害のないものが望ましいので、もっと詳しく調べてみようと思います。


睡眠時間を7時間以上取るようにする

アメリカの某大学の実験結果などによると、18,000人(32歳から~59歳まで)を対象とした調査では、それぞれの睡眠時間に於いて肥満になる確率とは、平均睡眠時間が凡そ7時間から~9時間ぐらいの方と比べて、下記のように高くなったそうです。

.睡眠時間が平均4時間以下では⇒73%となっております。

.睡眠時間が平均5時間以下では⇒50%となっております。

.睡眠時間が平均6時間以下では⇒23%となっております。

では何故短い睡眠時間の人ほど太ってしまう確率が、大幅に増加してしまったのか?

イギリスにある某大学では、30歳から~60歳までのアメリカ人の男性1024人を対象として、血液に存在するホルモンと睡眠時間の関係について、詳しく調査しております。

このデータによると睡眠時間が少ない方ほど、血液の中にあるレプチン(食欲を抑制するホルモン)の濃度がとても低く、反対に睡眠時間が多いとグレリン(食欲を促進さするホルモン)の濃度は、かなり高かったのだそうです。

その為睡眠時間が短くなっとしまうと、ついつい食べ過ぎてしまいやすくなってしまいます。

このように睡眠時間と食欲は深い関係にあるようなので、毎晩7時間以上はたっぷりと眠るようにしましょう。

Comments are closed.